無添加住宅|市原市|千葉市緑区|千葉市中央|リフォーム|注文住宅|新築一戸建て|100%自然素材を利用する家造り無添加住宅は化学接着剤を全く使わない家|工務店

無垢床材・フローリング

p17

木の中でも安全な無垢材しか使いません。

ふつう「無垢材」と聞けば、自然素材と思いますよね。ところが、無垢材であっても複合材のように2つ以上の材料を貼りあわせてつくられた表面だけ無垢材のように見えるものがある場合もあります。その床材は、化学接着剤を使用しておりますので、化学物質は揮発しますし、木の特性でもある調湿作用からくる部材の伸縮を、あえて抑えるために樹脂コーティングが施されているものもあります。もし、本物の自然素材を利用したいとお考えであれば、見た目の風合いだけを生かした素材の見極めが必要です。無垢材(単層フローリング)は、使い込むほどに本物の木だけが見せる味わいも感じます。だから、磨いたり塗料を塗り直したりのメンテナンスも大事になります。そうした家とのお付き合いも楽しみになるくらいの覚悟は持って欲しいと思うのです。

無垢材と新建材の違いとは??

すべての天然木材を使い、表面からの内部まで同じ材質ででききたものを無垢といいます。これに対して薄くむいた板を接着剤で貼り合せた合板や、その上に木目調のプリントを貼ったものを新建材といいます。その中には全く木が使われていないものもあります。私たちの身の回りにはいわゆる新建材が多く使われていますが、一見、本物か偽物かの見分けは難しいものがあります。見た目は同じでも無垢材によってもたらされている効果は、新建材に期待できません。
danmen
・単層フローリング(無垢材)は昔からある自然素材の床材
複層フローリングは人間が作り出した工業製品
複層フローリングのメリット・デメリット
〇メンテナンスが少ないしほとんどいらない。
〇価格が安い!!
〇工業製品でまとめて作ることができるため安価
〇傷がつきにくく扱いやすい
〇材料が均一なので見た目が同じ

単層フローリング(無垢板)のメリット・デメリット
〇丈夫で長持ちする
〇調湿効果がある
〇複層フローリングより価格が高い
〇木の種類によっては傷がつきやすい
〇季節により音がなる
〇季節により木が乾燥して隙間ができる

大きな違いは体感温度です

これは実際にサンプルなどを手にとり実際に目で見て体感するとおかわりいただけます。単層フローリング(無垢板)は夏は、ひんやりと涼しく、冬はじわっと温かいのです。肌触りが優しく気持ちが良いです。素足で気持ちいいし、寝っ転がってもも気持ちいい。そして、梅雨の時期でも、ベタつきません。複層フローリングは、化学接着剤で貼り合わされているので耐用・耐久年数は15~20年と言われております。使用環境によって表面のシートが剥がれたりします。化学接着剤を使っていない無垢の床は剥がれる一切ありません。無垢の床材はメンテナンスさえキチンとすればながく付き合うことができる建築素材です。

ちょっと木の話

折り箱や薄板で食べ物を包んだりしたのは、木が抗菌・殺菌効果をもっているからで、昔の人の生活の知恵でした。身体の冷えは自律神経を介して健康に影響を与えますが、ムク材の床は衝撃を適度に受け止めるだけでなく、床の冷えからくる疲れを防ぎ、足の温度を上昇させてくれます。現在、コスト面や生産性の面からムク材に代わり添加材だらけの粗悪な木(もどき)が氾濫しております。反りや軋みが無いからといって、化学接着剤の塊のような集成材や、年月がたつとボソボソと剥がれてしまうようなプリントの木目に魅力があるでしょうか?もし、火災が発生したらそれらの「木もどき」の建材は、猛烈な化学物質をまき散らして、人間の命を奪うのです。

無垢材は呼吸し調湿効果がある
無垢のフローリーング材と違い品質が均一ではございません。無垢材は、新建材と違い切った後も生きています。室内の湿気を吸ったり、吐いたりと調湿効果ももたらしてくれます。なので、反ったり、割れたりとします。季節による音鳴りもします。
muku12
mukuzai90
rank1

こだわりで選定した無垢材を使用

無垢材で人気のあるヒノキは虫や菌から身を守るために、殺菌・殺虫効果のある天然の化学物質を出しています。ちなみに、市販の殺虫剤はその天然の化学物質に似せた化学式を人工で作り出したものです。虫に強く丈夫なので、昔から建築(柱や梁)に用いられてきましたが、シックハウスや化学物質過敏症 人にとってはよくない素材と考えられます。これは、無添加住宅では「NO」です。健康な人にとって害はなくても、化学物質に対する許容量が非常に少ないシックハウスや化学物質過敏症の人はすぐに症状が出てしまうのです。植物学からみた木の特性を生かし、構造材にはヒノキを、内装には人に優しいシンゴンやナラなどを使っています。大事な家の構造を守り、住む人の健康を守るため、厳選したさまざまな木を適材適所で使用し虫に好かれる木と嫌われる木をうまくバランスを取って使用します。

防腐剤・防虫剤を使用していない。

ほとんどの輸入木材は製材前に防虫のための薬品処理をしています。使用する木材は、薬剤処理していない無垢材のみ使用しています。防虫剤が入った無垢のフローリングの上に素足で歩きたくはないですよね。これが体に悪い原因の一つです。ちなみ、一般の商社は、輸出した後のクレーム(虫が付くなど)を嫌い防虫処理をしたものを輸出します。

輸入のときに毒ガスによる薫蒸をしていない。

防虫加工されていないフローリングを手に入れたとしても輸出の際にコンテナの中で毒ガスによる薫蒸をするのが一般的です。それは、木製のパレットに虫がついて運ばれてくるのを阻止するためとです。その毒ガスは「臭化メチル」と言われるもので、以前は日本国内でも備蓄古米に施されていました。以前から「臭化メチル」による食品への影響について懸念される声がありましたが、公の発表では「残留はほとんどなく無害である」との公式コメントでした、しかし昨年、その使用が禁止されました。禁止の理由は「オゾン層を破壊するガスの一つである」とのことでしたが、独自の分析で、臭化メチルにより薫蒸された木材は1年以上経過してもその成分が残留していたことが判明しています。この量は微量ですが化学物質過敏症の方にはとてもお勧めできるものではありません。その代わりに当社で使用している無垢材は、熱処理を施した木製パレットを使用しています。熱処理パレットとは薬品により虫を殺すのではなく熱により処理されたパレットのことです。一般にはその処理は面倒なため特に指定しないと行わないものです。

身体に優しい無添加住宅おすすめの無垢材の床
樹種/写真 特徴
シカモア
shikamoa1
カエデ科カエデ属の落葉広葉樹。別名:ヨーロピアンメープル。心材、辺材共に白色から黄白色。硬質で木目が細かく縮み杢が出るのが特徴。古くから高級家具、楽器材、内装造作材、室内装飾建具、フロアーなどとして使用されてきました。
ナラ(オーク)
nara1
ブナ科コナラ属の落葉広葉樹。聞いたことがあり、ご存知の方も多い樹種。硬質で重厚、はっきりした木目が特徴。辺材は黄白色、心材は黄褐色から灰褐色。美しい木肌の為、高級家具にもよく使われています。

施工例はこちらをクリック

レッドパイン
red-pain1
マツ科PINUS属の常緑針葉樹。別名:欧州アカマツ。辺材は黄白色から淡赤色。心材は淡赤褐色から赤褐色で節やヤニつぼがある。
ロシアンパイン
roshia-pain1
マメ科の針葉樹。アカマツとも呼ばれています。心材は赤褐色、辺材は淡黄白色。
シンゴン
shingon1
マメ科の広葉樹。木質は軽く適度な柔らかさが特徴。色は淡い黄白色、木目は直通、見た目から南洋桐ともよばれる。自然の化学物質が大変少ないので、化学物質過敏症の方にも最適な床材。
シンゴン集成フロア
shingon-syuusei1
シンゴンを集成材にすることにより反りや伸縮を軽減。施工後の隙間や床鳴りが少なくなりました。接着剤には米のりを使用していますので、シンゴンが持つ化学物質が少ないという特性をそこなうこともありません。
ラジアタパイン
roshia-pain1
マツ科の針葉樹。色は黄白色で、硬さは中程度。成長が早い植林材として広く栽培されています。
インドネシア松
indneshia-pain1
マツ科の針葉樹。中程度の硬さで、柔らかな木目が特徴。色は黄白色で上品な色合い。樹脂に富み、耐水性があるので、内装用材・家具材などの用途に最適。特にA級品を厳選。

施工例はこちらをクリック

ロックファー
rock-for1
シクンシ科の広葉樹。心材は褐色または黒褐色で、色調に差があり、別名アジアンウォールナットと呼ばれ、硬くて重厚感のある床材です。

施工例はこちらをクリック

アカシア柿渋塗装
yuka-akashia1
マメ科の常緑広葉樹。材質は硬く心材は濃い茶色、辺材は白色の濃淡があり、色差がはっきりしている素地に、柿渋塗装を施しています。柿渋塗装は、水拭きや強い摩擦により色落ちします。

施工例はこちらをクリック

床材 施工例

nara1-1

rock-for1-1

indneshia-pain1-1

yuka-akashia1-1

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ichihara-mutenka  All Rights Reserved.