無添加住宅|市原市|千葉市緑区|千葉市中央|リフォーム|注文住宅|新築一戸建て|100%自然素材を利用する家造り無添加住宅は化学接着剤を全く使わない家|工務店

無垢材|掃除・メンテンス方法

無垢の床材の掃除方法について

日頃は、掃除機をかけるのみで十分ですが、住まい方によっては、2年前後もすれば、床全体に汚れやくすみ、日焼け等が行き渡りなじんできます。人の足裏の脂と歩く摩擦によって、無垢材の床材(フローリング)の表面が少しずつ磨かれて光沢が出るようになるでしょう。しかし、無垢材の床材(フローリング)の樹種にもよりますが、引き渡ししてから1~2ヶ月は、まっさらの状態から汚れやくすみが一番気になる時期でもあります。引越し後の数ヶ月はお客様が来ることも多く、一時的にでも汚れやくすみを落としておきたいということもあると思います。その際には下記のパターンを順番にお試し下さい。

気になる無垢材の床材の掃除方法

石鹸(推奨:無添加のシャボン玉せっけん)を雑巾で泡だて、フローリングの上に直接に泡ごと擦る。フローリングが水泡でびしょぬれになり、フローリングの隙間を伝って下にまわっても、フローリングが水分を吸ってくれるので大丈夫です。ダイニングやリビングなどのスナック菓子等が落ちた油シミはこれらの石鹸で洗い落とせます。雑巾で擦ったのち、乾いた雑巾で乾拭きするだけでもいいですし、再度、濡れ雑巾で石鹸を落としてから乾拭きでも構いません。ヨーロッパでは家具の表面仕上げにソープフィニッシュ仕上げという仕上げがありますので、多少石けん成分がフローリング面に残ったとしても問題ありません。

石けんで落ちない汚れの対処方法

石鹸で落ちない汚れは、キッチンのスポンジの硬い部分で擦ります。最近のキッチン用のスポンジは両面が軟かい面のものが多いですが、裏面に硬い部分が着いたものを使います。水を少しつけてまずは軽く擦ります。いきなり強く擦り(※1)と汚れやくすみがそこだけきれいに落ちすぎてしまい、周囲と比べ目立ってしまうので注意が必要です。ダイニングまわりやキッチンまわりの水シミや椅子のゴム跡などもよく落ちます。木部に水を含ませると乾燥後に毛羽立つことが有ります。
①ペーパーがけをする。(150~320番くらい)
②ダンボール紙を10センチ角くらいの大きさにして毛羽立った部分を擦ってみて下さい。ペーパーをかけた時と同じように仕上げることが出来ます。
(例)スポンジ
(※1)シンゴンフロア材の場合は、長時間強く擦り続けると表面が剥がれてくる事がありますので強く擦り過ぎない様、注意して下さい。

さらに、メラミンフォームに水を少しつけて軽く擦っても汚れが落とせます。この場合もいきなり強く擦ると汚れやくすみがそこだけきれいに落ちすぎてしまい、周囲と比べて目立ってしまうので注意が必要です。無添加ワックス仕上げの場合は、ワックスを塗りすぎにご注意下さい。ホコリが付着し、かえって汚れの原因となります。キヌカ仕上げの場合は、フローリングの表面が乾燥し、ガサガサし始めたらウエスや日本手ぬぐいで少量をよくのばして磨くように塗って下さい。キヌカがしみたウエスや日本手ぬぐいで軽く表面をなでる程度で十分です。濡れ色になると塗り過ぎです。一見塗ったかわからないぐらいでもよく見るとしっかり塗れています。量が多いと後からベタつきますのでご注意下さい。無添加ワックスやキヌカの塗り過ぎによる汚れは、ぬるま湯で石鹸を泡立てた雑巾で、体を洗うように擦って下さい。汚れが落ちますので乾いた雑巾でふきあげて下さい。石鹸は無添加の「シャボン玉せっけん」がお勧めです。汚れが酷い場合は、サンドペーパー(400番程度)で木目に沿って擦って下さい。木材が完全に乾燥してからお好みで無添加ワックスやキヌカを塗って下さい。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ichihara-mutenka  All Rights Reserved.