無添加住宅|市原市|千葉市緑区|千葉市中央|リフォーム|注文住宅|新築一戸建て|100%自然素材を利用する家造り無添加住宅は化学接着剤を全く使わない家|工務店

無添加で自然素材の接着剤 「米のり・にかわ」

身体に無害で食べても安全-天然の接着剤-

米

米のりは化学物質が一切、発生しない

食べることのできる無害で安全な接着剤です。

米のり

米のりとは、ご飯が原料です。初期強度は構造用集成材などの化学接着剤の方が若干強いのですが、その接着力はものすごく、木工用ボンドとほぼ同じ強度です。この接着の寿命は200~300年は持つと言われており、室町時代から仏像はこういった寄せ木を米のりでくっつけてから彫刻しており、今で も実在しております。ちなみに、防カビ効果として酢酸を混合しています。木材の貼りあわせなどに、使う糊はすべて、手作りの米のりを使用しております。

米糊は日本では奈良時代のころから「続飯(そくい)」と呼ばれ、家具や建具の木材接着に用いられてきました。。「姫糊(ひめのり)」ともいう。※米糊(続飯)これは米粒を箆(へら)で潰して練り上げたもの。

komenori10

にかわ

にかわは、動物の骨や皮を煮て精製してできるゼラチンです。にかわ=ゼラチン=コラーゲンでもあります。現在では、食品・化粧品などに広く利用されておりますが、昔は接着剤として使われていました。また、にかわは高温では液状ですが低温ではタンパク質が固まる性質で固形になります。これを淡めて ジュースを入れたものがゼリーとなります。膠の粉を鍋にかけ、湯煎するとすぐドロドロの粘性状態になり、これを木材どうし接着させますと米のりは接着する までに1日以上かかりますが、にかわはたった5秒で完全に硬化し、固まるので天然の速乾接着剤になります。このにかわは、窓枠の取り付け、フローリングの 取付けや下地材等の接着に使用。工事中にはタンパク質の煮た臭いがしますが、体に害はありません。

豆知識
ちなみに、にかわは仏教が伝来して以来、日本では、仏教伝来以降、動物の肉食を忌み嫌った習慣があったため、使用しなかった時期 もありましたが、日本書紀に記されたところによると推古18年に墨を作るために使われたようです。その後は木や竹を貼り合せる糊として使用されたり、画材 としても使われてきました。原料となる動物(牛・鹿・兎・魚)によって、接着力がちがいますし、使用用途も異なります。

ぎんなん草(ふのり)・・・漆喰のつなぎとして利用

ぎんなん草は海藻の一種です。これを煮てできた液が、「ふのり」といわれるもの。ふのりは、接着力が弱く水に大変溶けやすいのが特徴です。この特徽 を利用したものが障子ののりです。水に濡れるとたちまち溶けて容易に剥がせるのです。ちなみに、和室の壁は、ぎんなん草という海草を煮詰めドロドロにした ものと、ふるいにかけて天日干しにした山土と、アサギ粘土を混ぜたもので、雰囲気のある緑がかった土色をしています。ぎんなん草を煮詰めた液が、ふのりなのです。

-豆知識-
確かな記述はありませんが、ぎんなん草(海草の一種は、アイヌの人たちが昔から食用としていたようです。北海道の留萌では仏の耳とも呼ばれ味噌汁の具として、一般にも出回っているようです。

米のりやにかわで作成した建具・収納

内装材[室内建具]
komenori-sekourei2-2
内装材[キッチン収納]
komenori-sekourei1-1
内装材[下駄箱収納]
komenori-sekourei3-3
接着剤の質問集
接着剤はどんな部分に使用しますか?
集成材・ムク材には米のり。フローリングや洗面台などにはニカワ、そしてふすま・障子を張るときにはでんぷんノリを使用しております。
米ノリって普通のお米ですか?
私達が普段食べているお米です。米ノリを簡単に言うとお粥です。ミキサーで粉状にしたお米を粘りが出るまで水を混ぜながらゆっくりと煮込みます。 これを木にたっぷりと塗って接着剤として使います。
米ノリってすぐ剥がれてしまうように思うんですけど大丈夫なんですか?
水が直接かかったりすると、剥がれやすくなります。しかし、なにもなければ300年はもつといわれております。(例)大仏や観音像等
米のりで接着した部分はカビが生えたりしませんか?
米のりの中に酢酸を配合することによって、防カビ対策をしています。
米ノリとにかわはどういう使い分け方をしているんですか?
米ノリは乾燥・硬化に大変時間が掛かる為、主に工場で集成材や建具の組立や加工に使います。にかわは、天然の瞬間接着剤とも呼ばれるぐらいに早く接着出来るので、現場で加工や組立をする際に使います。
にかわの接着ってどれくらいもつんですか?
米ノリと違って接着時に高分子化しないので、50年ほどが限界です。ですので、床等の垂直方向に力が掛かる所にだけ使用します。
にかわって他にどんなところに使ってるんですか?
にかわは動物性のゼラチン(脂質)なので、硬化すると水を弾きます。その性質を利用して洗面台の裏側などに防水材として使います。
建物で見えないところに接着剤を使ったりしませんか?
当社は無添加住宅というブランドで仕事をしている以上、見えない部分に化学物質を使用することはありません。施工途中も一級建築士が設計監理を責任もって行っているため、ご安心ください。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ichihara-mutenka  All Rights Reserved.